持っているとこんなに便利!?法人デビットカードの特徴とは

法人デビットカードを選ぶときのコツ

法人デビットカードは現金なしで即時決済ができる便利なアイテムです。カードの利用用途を明瞭化できるので、収支のバランスを健全にするために役立ちます。キャッシュバックがあるカードなら、使えば使うほど現金よりお得です。カードを選ぶときはキャッシュバック率や年会費・限度額などをチェックしておきましょう。ほかにも特定銀行の口座振り込み手数料が安くなるなど、独自のサービスを用意しているカードもあります。個人で利用される人は、個人事業主に対応しているかチェックしてください。カードの利用額が大きくなる場合は、不正使用を防止するサービスが付帯されたタイプがおすすめです。法人デビットカードには審査がないので、利便性やお得度を第一に考えて選ぶのが基本です。

カードを上手に活用するために

事業運営において収支のバランスを把握することは何より大切です。法人デビットカードを活用することで、現金払いよりもお金の流れを把握しやすくなります。それゆえ従業員に持たせれば、現金による不正使用を防止するメリットが期待できます。法人デビットカードは預金残高の範囲内で利用するので安心です。高額の利用を頻繁にするならば、1日あたりの限度額が高めに設定されたカードを選びましょう。安全に使用するならバーチャルカードがおすすめで、プラスチックのカードが発行されません。カードを紛失する心配がないので、インターネットでの利用がメインの人におすすめです。盗難保険や海外旅行傷害保険が付帯されたカードなら、万が一のときのトラブルに対応できます。

支払いをするとすぐに法人口座から引き落とされる法人 デビットカードが使いやすいのは、申し込み時の審査が必要ないからです。