社会保険労務士の社会的役割は多岐に渡る!

国内在住なら国籍を問わず適用される法律の専門家!

社会保険労務士は法律の専門家です。日本国内在住なら国籍を問わず適用される法律、労働保険法(労働基準法・労働者安全衛生法・労働者災害補償保険法・雇用保険法)、社会保険(健康保険法・国民年金法・厚生年金法)を取り扱い、社会に貢献しています。

労働問題を相談する!

外国人労働者問題や会社でのパワハラ問題、賃金不払い問題など、仕事に係わるトラブルに関して法律の観点から説明してくれます。きっと相談することで解決に向けた指針を見つけることができるでしょう。会社の使用者(経営者・管理職など)と労働者(従業員など)とを問わず有効な答えに導いてくれるでしょう。仕事中に事故で怪我をした場合どこまで会社が補償してくれるのか、怪我で働けない期間はどうなるのかなど、法律や過去の判例を交え説明してもらえます。

社会問題(日常生活・老後)を相談する!

病気や怪我で長期間働けなくなったらどうしたらよいのか。社会制度で保証されることを具体的に示してくれます。老後の収入が不安、いつから年金はもらえるのか、年金をもらうためにはどうしたらよいのか、あなたの今の仕事や収入や年齢から判断してくれます。国民年金法などの社会保険関連法は、何度も改正されて超複雑な内容になっています。うんざりするような内容をわかりやすく説明してくれます。

社会保険労務士にどんどん相談しよう!

日本に住んでいるのであれば、労働問題や生活安定に関する問題について、どんどん社会保険労務士に相談しましょう。国内在住のすべての人(国籍を問わず)の生活の安定を目指す法律をわかりやすく解説してくれます。こんな法律があったのか、こういうことだったのかと、きっと納得するでしょう。また、制度上の問題点も見えてくるかもしれません。

社会保険労務士の就業規則は、社内全体で労働時間や休暇、賃金といった仕事上の決まりごとを認識するために重要なものとなっています。